Book

Book

素数に憑かれた人たち リーマン予想への挑戦(John-Derbyshire)

数学には未解決の問題がいくつも存在する。中でも有名なのはクレイ数学研究所が1つにつき100万ドルの懸賞金をかけたミレニアム懸賞問題だろう。本書がとりあげるのは、その中の一つ、リーマン予想だ。実はリーマン予想はその1世紀前ですら数学者...
Book

メタ思考トレーニング(細谷 功)

メタ思考とは、一つ上の視点から客観的に見る思考のことである。メタ(meta)という言葉自体が抽象的な概念や高次的な概念を表すのに使われる言葉であり、metaphorとかmetaphysicalとか抽象的な言葉の接頭辞とし...
Book

エンダウメント投資戦略(山内 英貴)

相場の環境に左右されずに安定したリターンをあげる、というのは多くの投資家が夢見るものです。株、債券などの上昇相場を見極めてリスクを避けながら投資をしていくことは一つの理想です。エンダウメントは投資機関の中でも注目されており一つの...
Book

超一流になるのは才能か努力か?

才能が大事か、努力が大事か? 世の中には、なにをやるにもすぐに上達する人や幼くして驚異的な技術をもつ音楽家やスポーツ選手がいる。一方でスポーツや趣味を始めてもなかなか上手くならずに障壁を感じている人もいるだろう。本書では技...
Book

未来型国家エストニアの挑戦

エストニアの電子政府 エストニア、といえばバルト三国の一つでロシアからの影響が強い国、、、と地理の授業で昔習った事があるな、という印象しかなかったが、最近はエストニアの名前は様々な場所で聞くことが増えた。エ...
Book

ジョブ理論(クレイトン・クリステンセン)

破壊的イノベーションの穴 クリステンセンといえば「イノベーションのジレンマ」に代表される破壊的イノベーション理論が有名。破壊的イノベーション理論は、既存の市場を一気に変えてしまうようなイノベーションを私たち...
Book

いつも「時間がない」あなたに:欠乏の行動経済学(センディル ムッライナタン)

時間に追われている時、目先の目標に集中するあまり周りが見えなくなる。本書はさまざまな実験で検証された、欠乏が人の心にもたらす影響を教えてくれる。 欠乏は集中を生む。 「夏休みはあと1日しか無いのに手付かず...
Book

WSJ式 経済指標 読み方のルール(サイモン・コンスタブル)

日々更新される経済指標が発表される度、「だから何なんだろう?」と思うことは少なくなく、一度系統的に勉強したいと思い買ったものの長いこと積ん読になっていた本を読んで勉強してみた。 経済指標について勉強するということ 金利が...
Book

ギリシア人の物語III 新しき力(塩野 七生)

3部作に渡ったギリシア人の物語の最終巻。昨年ギリシャとエーゲ海を旅行するに当たってまずは歴史を知ろう、と思い立ったためこのシリーズを読み始めた。実際に訪れたアテネやエーゲ海に浮かぶサントリーニ島は素晴らしく、最高の旅行になった。...
Book

もっとも美しい対称性

早逝の天才、エヴァリスト・ガロアに始まる群論と対象変換を中心に過去から現代までの数学と物理の発展を語ったもの。 ユークリッド、アルキメデス、フィボナッチ、ガウス、ラグランジュ、アーベル、ガロア、ハミルトン、リー、キリング、...