Book

Book

ゲッベルスと私(ブルンヒルデ・ポムゼル, トーレ・D. ハンゼン)

  本書はブルンヒルデ・ポムゼルと呼ばれる高齢の女性のインタビューを基に構成されている。ポムゼルはナチス政権下のドイツ時代にヒトラーの右腕であったゲッベルスの秘書を務めていたおそらく最後の生き残りだ。彼女の視点から、彼女の幼少期、青春...
NO IMAGE Book

4歳の僕はこうしてアウシュヴィッツから生還した(マイケル・ボーンスタイン)

ナチスによるユダヤ人の大虐殺(=ホロコースト)は戦争の世紀と呼ばれた20世紀の歴史の中でもひときわ残虐で有名な出来事だろう。ナチズムの指導者だったヒトラーは歴史の中でも有数の大量殺戮を行った独裁者として有名だ。ヒトラーを題材にした映...
Book

FACTFULNESS (Hans Rosling)

なんとなく聞いた事のある事実を元に私達の世界のイメージは構成されている。しかし、百聞は一見にしかず、というか、私達は時として事実を大きく誤認していることがある。本書はデータを基に世界を正しく見る習慣を身につけるための手助けをしてくれる。...
Book

暴力の人類史(Steven Pinker)

The Better Angels of our nature - why violence has declined   本書について 著者のスティーブン・ピンカーはカナダ生まれのユダヤ人で、現在はハーバード大の心理学の教授を勤...
Book

ホモ・デウス(ユヴァル・ノア・ハラリ)

サピエンス全史著者による新作   世界的にベストセラーになったサピエンス全史の著者が出した作品。サピエンス全史がでてからというもの、○○全史といったタイトルの本が巷にあふれるようになった気がするが、前作は社会的にも大きなインパクトを残し...
Book

フラット化する世界(トーマス・フリードマン)

  2000年代前半に書かれた、グローバリゼーションの時代を迎えたアメリカに警鐘を鳴らす本(邦訳書は2006年に発売)。インターネットが世界中に普及し始めた時代。光ファイバーでつながる高速なネットワークの導入は、割安な地域への...
Book

遺伝子―親密なる人類史(シッダールタ・ムカジー)

  現代はポストゲノム時代といわれる。2003年、ホモ・サピエンスの全ゲノム配列の解読が終了した。その後の研究者の注目はエピゲノムや疾患遺伝子などに向かい、CRISPER-CAS9のような画期的な遺伝子編集技術が登場したことによって、...
Book

シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」(ネイト・シルバー)

データサイエンスが支配する現代 著者のネイト・シルバーを知っているだろうか?FiveThirtyEightというWebサイトを知っているだろうか? 今の所、21世紀はITが世の中に広がり、世の中を支配する世紀となっている。I...
Book

イノベーションのDNA

  「イノベーションのジレンマ」に始まり破壊的イノベーションの理論で有名なクリステンセン教授の著作。先日も最新の著作である「ジョブ理論」を本ブログでご紹介した。ものすごくクリステンセン教授のアイディアに共感しているわけでもないが、...
Book

テンプルトン卿の流儀(Lauren Templeton)

テンプルトン財団の創始者であるジョン・テンプルトン卿がその生涯で貫いた主だった投資を甥であるローレン・C・テンプルトン氏が記した本。 バーゲンハンターの買い方 「強気相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観とともに成熟し、陶...