2019年の振り返りと2020年のアセットアロケーション

Finance

結論から書くと特に投資の方針は変更せず、分散投資でリスクを抑えめにしつつレバレッジをかけて行こうと思います。2019年の特に印象に残ったことの振り返りと、2020年の方針をまとめます。

スポンサーリンク

2019年の振り返り

2019年の自分のポートフォリオの値動きはこんな感じでした。リターンの計算はキャッシュフローを覗いたポートフォリオの日次リターンをもとにチャートをプロットしています。

前半戦

2019年はそもそも始まりが最悪でした。2018年末に株価が一気に下落したので、ピーク時から大幅なマイナスで始まった年となりましたが、今思えば絶好の買い場でもありました。結局買い増しのタイミングを逃し前半はS&P500にも劣後。

そして、以前から手を付けていた金、金鉱株(EGO)のウェイトが多くかなり金相場に左右されました。現物の金よりも5-7倍程度値動きが激しいEGOは最大でポートフォリオの10%程度まで増やしており、一銘柄でポートフォリオの値動きの半分程度を占めていたように思います。

その後、金、金鉱株が一気に値上がったところで8月にEGOはすべて手仕舞いました。今思えばこれが今年前半の全てでした。

後半戦

後半は、以前から試したかった海外ETFオプションを使ったレバレッジドオールウェザーポートフォリオのような分散ポートフォリオを目指して少しずつオプションを増やしています。

オプションはInteractive Brokersで買い付けていますが、やり方によっては大火傷を負いかねないので他人にはあまりオススメしません。私はブルスプレッド(コールオプション(株式を買う権利が与えられるオプション)をロング・プットする)を作り、限られた範囲での値動きで利益を得るような、レバレッジETFと似たような使い方をしています。

金利・時間のコストがかかるので株式で言えばβプレミアム、債券でいえばタームプレミアムを取りに行っていることになると思います。結果的にはレバレッジETFを保有するのと大差ない上に売買でロスをしているようにも思います。

最終的に本年の年始のアセットアロケーションが以下のようになりました。オプション部分を含めた各アセットへのエクスポージャーも示します。レバレッジが2倍近くかかっている状態で、分散により株式よりも劣る期待リターンを補っている状況です。オールウェザーポートフォリオはリーマンショックも15%程度のドローダウンで乗り越えていますが、今のポートフォリオは株式との相関がそれよりも強く、ケリー基準的に考えてもこれ以上のレバレッジは危険と考えています。

株式部分はインデックス(VT, VWO, VEA, IJR, QQQ)、セクターETF(VHT、VDC)、アロケーションが高い個別株はBABA、UNH、FCAU、AXP、RDS.Bです。債券部分はAGG、IAGG、TIP、TLT。オルタナティブはほとんどゴールドです。

2020年のアロケーション

各アセットの見通し

正直、全くわかりません。

というかリターンを予測して当てるのは不可能だと思っています。以前分析したときも、リターンは過去の値動きとの相関からの予測が外れやすく、最大のシャープレシオを実現するポートフォリオを組むという事自体が困難だと実感していました。

もちろん、1年をルックバック期間としたモメンタムは株式におけるファクターとしては有意なものだと考えられていますが、他のアセットについては適応は難しいと思います。

一方で、分散を最小化するアロケーションは比較的一貫性があり、大体、オールウェザーポートフォリオ(株30%、債券55%、金・コモディティ15%)のようなアロケーションでしたので、リスクをコントロールするという視点に立ち、このような分散を目指していました。

それぞれのアセットについての予測はわかりませんが、ある程度はリターンの確率分布を見積もらないとアロケーションができません。

2020年の米国はEPSの伸びの見通しも明るく、それに従い2019年は株価が上がっていますが、年始から米国とイランが衝突したりと国際情勢がかなりきな臭い事になっています。去年も米中摩擦で株価が落ちたりはしましたが、今年は米国の選挙の年なのでトランプ側も大きな行動にはでないのではないかと考えています。どうしようもない外的要因があったり、シクリカルの景気の戻しが遅れると下がる可能性もあるのではと考えています。新興国も年末に少し上げ、経済成長が順調であれば良いですがわかりません。

債券については主に米国債のポジションとしていますが、長期金利はリーマン後より高いもののまだまだ低水準。景気が堅調であれば政策金利がこれ以上下がることはなく、金利は上がるだろうと思いますが、株式が下がれば負の相関は生きて一時的に債券価格が上がるかと考えています。逆イールドも一時ありましたが、イールドカーブはスティープになりタームプレミアムは生きています。TLTの期待リターンは2.5-3%/年ではあるものの下がる可能性も大きいかと思い、オールウェザーポートフォリオほどに債券比率は高められていません。

もっとも、このような考え方自体がリターンを下げる原因になる可能性があるため、しっかりと債券割合を増やしたほうが良いのかもしれません。(オールウェザーの比率でヒストリカルなデータをもとにケリー基準に沿った最大のレバレッジを計算すると400%のレバレッジになりますが、そこまでやる勇気がない、というのも株式の比率を増やした一因です。)

金は無相関なアセットかつインフレ耐性があるためキャッシュよりは良いだろうという考えで現在の割合になっています。年初時点で1600ドル/oz程度まで上がってきていますがここを超えるとどこまで上がるかわかりません。株式が予想通り堅調に推移するならば金の価格もまた落ち着いてくる(下がる)のではないかと思います。

基本的に全てが同時に上ることは期待していないので、対立するリターンが期待されるアセットの将来の確率分布を自分なりに考えて現在のアロケーションにしています。

日々のキャッシュフローや生活資金は全く別に管理しているので、積み立てながら可能な範囲で運用をしていきたいと思います。急激に金利があがりつられて株価が下落したのに、金の価格は思ったより上がらない、なんてことがあると、大きな痛手になりますが、生暖かい目で見ていてください。

2020年の計画

よほどの値動きが無ければ今の比率を維持しようと思います。株式も増やしにくく、値ごろな個別株があったときにリバランスついでにたまに買い付けられれば良いかなと思います。

ポートフォリオが複雑になり管理も煩雑になっていますが、個別株を丹念にスクリーニングしたりはしないので、あくまで本業優先にして、今年はサイドプロジェクトや個人的な試験などにも取り組んでいきたい所存です。

コメント